全員合格!!

  • 2019.03.14 Thursday
  • 22:54

公立高校の入試が先週の水曜日。

そして今日がその発表の日。

毎年のことだが、胃が痛くなるような1週間だった。

今日は朝から塾生たちの結果待ち。

そして全員の結果が分かったのが昼前のことだった。

 

公立高校全員合格達成!!

 

今年は残念ながらトップ高である明善高校を受験する子はいなかったが、それぞれの子が自分で決めた公立高校にチャレンジして、全員が結果を持ってきてくれた。

ようやく肩の荷が下りて、ホッとした。

 

やはりこの瞬間は何度味わっても塾講師冥利に尽きる。

塾講師冥利といえば、もう一つ。

卒塾生たちが進路を報告しに来てくれることだ。

昨日今日は続々と報告に来てくれた。

地元の大学に行く子もいれば、立命館や中央など関西、関東に旅立つ子もいる。

 

大きくなったなぁと思うのは、私が年をとったせいなのであろうか。

いつかまた次の進路の報告に来てくれることを祈って。

 

 

 

 

勧学館HP

https://kangakukan.jimdofree.com/

 

 

 

束の間の休息

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 00:16

入試の忙しさにかまけていると、最後の記事からすでに1ヶ月以上が経過。
せめて1週間に1度は更新するのが来年度の目標。

本来は8年前の未曾有の大震災についての記事にすべきなのかもしれないが、現地にも行っていない私が語ることではないと思う。
ただ犠牲になった方々のご冥福を祈り、前を向いて生きている方々のご多幸を祈るだけだ。


さて、入試が終わり一段落。
近年では珍しく、2月から体験学習の問い合わせが多い。
御陰様で新中学3年生の体験学習の受付は締め切らせていただいた。
広告もまともに出していない塾に興味を抱いて下さることは本当にありがたい。

発表は今度の木曜日。
卒業式も終わり、発表までの束の間の時が受験生にとって本当の骨休めの時。
この時間だけは彼らの好きなことをする時間でいいと思う。
大人から見ると、もう次のことをつい考えてしまうが、中学生にとっては高校受験とは予想以上にハードなものだ。
1週間くらいの骨休めはあってもいい。
うちの中3たちもたまに顔を見せるが、さすがに毎日来る子たちはもういない。
きっと遊び回っていることだろう。

 

 

3月14日に彼らの努力が報われますように・・・

 

 

 

勧学館HP

https://kangakukan.jimdofree.com/

 

  • 2019.02.05 Tuesday
  • 23:48

毎年毎年変な噂が飛び交う。

今年は特に根も葉もない噂が飛び交って辟易する。

学区内の普通科である明善・久留米・小郡の3校がクラス削減のため120名の合格者が減ることになる。

それで不安になる気持ちは分かるが、変に煽るのもどうかと思う。

そもそもクラス削減は生徒数そのものが減っているから行われるのであって、合格者そのものを減らすためではない。

現に福岡地区では人口が増えたため、クラス増加しているところもある。

 

今年の変な噂

1.明善高校に合格するためには偏差値70が必要

偏差値というものが分かって言ってるかと思いたくなる。

偏差値70とは基本的に上位2.28%を指す。

この数値は1クラスが35名と仮定して3クラスで2〜3名程度の合格者しか出ないということだ。

1学年が5クラスの学校ならば、4〜5名しか合格者が出ないことになる。

すると第8学区には約20校があるので合格者は80名〜100名しかでない計算になる。

おおざっぱな計算でも合格者が足りなくなってしまうではないか。

筑後地区の人口ではそれは無理な相談。

福岡地区の人口があれば、修猷や福高などがそれに近い数値は出しているが。

 

2.南筑高校の今年の偏差値は55

同上。

偏差値55は全受験者の大体上位30%の位置。

残りの7割はどこを受ければいい?

久留米や明善をうける子たちは上位何%に位置してればいいんだ?

上位30%ということはクラスで10位前後の子たちになるのに・・・。

 

3.久留米商業の推薦合格は内申45が必要

通信簿の5は相対評価で7%しかいない。

1科目の5を取ることも結構大変なことなのだ。

それがオール5ともなれば、ごく一握りの生徒しかいない。

うちの塾生でも今までで1人しかいない。

その子は明善に推薦で行ったのだが・・・。

久商の推薦を受けようとはその子は多分思わなかったと思う。

もしそれが本当なら、久留米商業の推薦合格は決して定員に届くことはないであろう。

 

 

結論

生徒数が減ったからクラス削減が行われたのであって、今までと大差はない。

多少の誤差はあると思うが、大きく変化することはないだろう。

この時期の噂は全部嘘だと思った方がいい。

愚にもつかない噂に心を惑わされるより、一つでも多く出来ることを増やす方が先。

 

私立入試前夜

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 00:24

いよいよ今年度の入試が始まる。
既に筑後地区の専願は終わっているが、うちの塾の場合は部活での専願以外はほとんど関係ないようだ。

私立入試は滑り止めの側面があるのは確かだが、生徒たちにとっては初めての受験であり、そして一つ目の合格というある種の成功体験の場でもある。
公立高校に合格するという保証はどこにもない。
さらに今年は学区内で3校の募集削減が公表されているので、120人の削減になっている。
生徒数そのものが減っているとは言え、年々公立高校の厳しさは増している。


昨日の授業のうちに生徒たちには受験に臨む上での注意事項は伝えてある。
あとは当日の体調のみ。
願わくば、体調が良好であることを・・・。

 

 

 

勧学館HP

https://kangakukan.jimdofree.com/

新年最初の記事が・・・

  • 2019.01.07 Monday
  • 23:48

明けましておめでとうございます。

 

いよいよ2019年が始まりまして、入試本番が近づいて参りました。

今月の末には入試が始まります。

ですからそれに合わせて、塾の方では全ての教科の単元は終了しました。

これからはそれを自分のものにしていく作業です。

野球で例えるならば、投げ方打ち方、ルールなどは全て教えた。

はい、やってみろって感じですね。

出来るわけがありません。

 

スポーツには練習が必要なのです。

練習をしない人が上手になるわけがありません。

有名選手のDVDでも見ていたら上手くなるのでしょうか。

箱根駅伝を炬燵の中で見ていたら、足が速くなるのでしょうか。

みんな「できるかっ!」と言うことでしょう。

勉強だって同じことです。

個別であろうが集団であろうが、大手塾だろうが個人塾だろうが、説明は「自分以外の人」がしているのです。

自分で出来るようになるためには「自分で練習すること」が必要なのです。

 

自分のものにすることは決して楽なことではありません。

小学2年生の時にやった九九。

一回で覚えた人などほとんどいないのではないでしょうか。

何度も練習を重ねて初めて自分のものになっていくのです。

 

スポーツも勉強も大差ありません。

やるべきことは練習です。

勉強にだけ練習が必要ないなんてことはありません。

塾に行けば成績が上がるというのは幻想に過ぎません。

説明をしているのは他人なのですから、その人と同じように出来るためにはやはり練習なのです。

練習をしない人は塾に来てもやはり伸び悩みます。

毎日見学しているだけなのですから、当然です。

 

塾講師などは子どもたちのサポート役に過ぎません。

ただお金を頂いているのですから、多少厳しめに言ってでも練習させるべきだと思っています。

 

勉強は面白いものではないでしょう。

遊んでいたほうが楽しいに決まってます。

しかし苦労して手に入れたものは、必ず自分の財産になると信じています。

少なくとも私個人はそうでした。

 

新年早々お小言のようなブログで申し訳ありません。

 

 

 

 

 

勧学館HP

https://kangakukan.jimdofree.com/

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM