[PR] オーガニック 入試結果 | 日常のありふれたチャイムたち

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
<< 入試まで1ヶ月弱、これだけは・・・ | main | さて、春期講習 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
入試結果

ようやくパソコンがなおって、こうしてブログが更新できる。

色々なものをパソコンでやっているので、故障するとこんなに不便なのかと改めて実感した。

なんだかんだ言っても、文明の利器に依存している部分は大きいのだなと自己を省みるにはいい機会であった。

 

 

さて、昨日福岡県の公立高校の合格発表があった。

この塾が始まって16回目のことになるが、何度やっても慣れるものではなく、毎年気が重い。

生徒たちはどんな顔で来るのだろうかと変な想像ばかりしてしまう。

 

しかし、遂に今年は国公立高校の全員合格を達成した。

16年目で初めてのことだ。

こんなに嬉しいことはない。

考えてみれば、決して成績がよいとは言えなかった学年だった。

ついに県立トップ校への連続合格も途切れてしまった。

しかし、生徒たちが自分が選んだ高校へ、自分たちの力で進路を掴み取ったことは意義があることであろう。

成績が悪いと書いたが、彼らの名誉のために付け加えておくと、久留米高校以上の高校へ半数が合格しているし、定期テスト等も学校平均より塾平均の方が100点以上高かった。

私が求めているものが多すぎるだけなのである。

 

ようやく達成できた「全員公立合格」。

5年間で公立93%の合格率は決して悪くないと思うが、1人でも不合格の子がいるとその子のことばかりを考える。

たとえ1人でもそうなってしまうのがこの商売の性である。

志望していなかった高校へ通わなければならない責任の重さや力のなさを痛感しなかった年はない。

そしてようやく「お役に立てた」と思える日がやってきた。

高校受験という人生のハードルにみんな真摯に向き合ったと思う。

だからこそ価値は大きい。

誰もハードルを下げずに志望校に合格したのだから。

 

 

さぁ、私は51週間後の受験に向かおう。

| 試験結果 | 23:16 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:16 | - | - |
コメント
コメントする