[PR] オーガニック さて、春期講習 | 日常のありふれたチャイムたち

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
<< 入試結果 | main | ブルボン >>
さて、春期講習

金曜日で年度の授業もすべて終わり、土曜日から春期講習を迎える。

いや講習と呼べるほどのものでもないかもしれないが・・・。

何をやるにせよ目的を持って事に臨まなければならない。

春期にせよ夏期にせよ、もちろん普段の通常授業においても、だ。

 

どこの塾も新年度の生徒獲得に躍起になり、周囲が慌ただしさを増す。

講習料無料や入塾金無料と謳った広告が飛び交い、学校の校門前も連日大盛況のようだ。

多数の塾は新年度の「新規生徒獲得」という確固たる目的があって大きな動きを見せる。

この塾のように小さな定員制の塾とは自ずと方向性は変わってくる。

 

新中1を最も重要視するのは当然だが、私の場合「慣れること」に最も重きを置く。

ハッキリ言うとスタートダッシュなんか考えてもいない。

「授業に慣れること」が最も大事なのだ。

この塾では小学生と中学生ではやり方が異なり、個別形式から一斉形式へと変化する。

そこで重要なのが「聞く姿勢」である。

実は「授業を聞ける」生徒は少ない。

15分もすれば手遊びが始まったりするのが現実で、特に男の子に多い。

もちろん授業では生徒たちの集中の度合いによってわざと脱線させたりもするが、それだけではどうにも足りない。

聞くときは聞く、書くときは書く、解くときは解く、といったメリハリがまだまだないのだ。

それを少しずつ訓練していく場である。

 

次に「ノートの取り方」も決しておざなりにはできない。

そもそもノートとは『後から見直すため』にとるものであって、その場しのぎであってはならない。

当然見やすいものでなければならないし、単教科で1冊という形にしておかなければならない。

よく見かけるのが、数学のノートの後ろに社会など別教科のノートが書いてある。

この状況は100%『後から見直す』ことはない。

だから私はルーズリーフを勧めている。

常に教科ごとに分けて、『後で見直す』ことができるような状況はこちら側である程度指導しなければならないだろう。

もちろん授業中のノートの取り方も指導していき、知識をことよりも先に知識を得るための手段を重要視している。

 

他にも多々あるが、まずはこの2点がしっかりとできれば、スタートダッシュに失敗したとしても1ヶ月もあれば充分追いつける。

重要なのは中学生になるためのモノであって、小学7年生になってしまうようなスタートダッシュではない。

 

| 講師としての自分 | 00:50 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:50 | - | - |
コメント
コメントする